フリマで売るのはどうなのだろうか?

今はメルカリなんかのフリーマーケットアプリが人気ですよね。友達もフリマで服を買ったり、DVDを売ったりとかよく利用しているみたいです。

フリマアプリは出品の手続きに手間がかからないのがいいです。スマホで売りたい切手の写真を撮影して、簡単な説明文を書けば出品できますからね。

これならある程度出品ボリュームがあったとしても、そんなに手間や時間をかけずに出品することができそうな気がします。

フリマに出品した切手を買ってもらいやすくするためには、商品となる切手の写真をきれいに撮ったり、それを閲覧した人が思わず買いたくなるような魅力的な説明文を考える必要があります。

フリマ 売る
出典:photo-ac

どんな商品でも、同一商品、同一価格だったら、写真映りが良かったり説明文がわかりやすくて丁寧な方を買いたくなるものです。

フリマアプリで切手を出品する際ですが、価格は自分自身で設定していくわけですが、ただ、やみくもに高い値段をつければいいというものではなく、他の出品者がいくらで売っているのかをチェツクして、その切手の相場感をつかんでいないといけません。

相場からかけ離れた高い値付けをしても、当然ながら誰も買ってくれませんからね。それでもなかなか売れない場合ですが、説明文を見直したり、途中の価格変更、値下げを検討する必要があります。

また、コメント欄で購入希望者と価格交渉をすることもできるので、値下げの要望があれば、それに応じるかどうか検討しなければいけません。フリマに出品した切手がすべてすんなり売れればベストなんですが、中には買取が成立しない切手も当然ながら出てくるでしょう。

 

フリマアプリもネットオークションも個人対個人の取引となるため、絶対に売れるという保証は残念ながらありません。購入希望者がいないと買取自体が成立しないわけですからね。なお、仮に売れたとしてもすぐに現金が手元に入りません。

オークションと同様に、運営側に10%くらいの手数料を取られてしまうというネガティブなポイントもあります。