オークションで売るのはやめたほうがいい?

新型コロナウイルスの影響もあって、切手を売る話がすすんでいません。それこそ、どこに売るのがベストなのかもさっぱりわからない状態です(汗)

今までは買う専門で切手を収集していたわけですし、売るなんてことは一度も考えたことはなかったわけですからね…。何かを売るとなると、ヤフオク!といったオークションサイトを利用したらいいんでしょうか。

ヤフオク!の場合ですが、まずYahoo!でアカウントを作成してから出品することになるんでしょうけど、手数料も取られるだろうし、私の場合、出品数もかなり多いのでだいぶ手間がかかりそうです。

オークションというのは、購入希望者からの問い合わせメールの対応や発送する作業もありますから、落札されるまではかなりの労力が必要です。

オークション 売る
出典:photo-ac

ただ、ヤフオク!などのオークションサイトは全国にユーザーがたくさんいますし、自分でお客さんを集めなくても、切手を売りたい人に直接アプローチできるというメリットはあります。

保管状態が良好で発行枚数が少なかったり、希少性が高かったりする切手などは、どのくらいで取り引きされているか事前に相場を調べて価格設定をすれば、落札までそんなに時間はかからない気がします。

ネガティブなポイントとしては、取り引きには手数料が発生することですね。だいたい落札金額の10%くらいは取られるようです。

切手を買ってくれる人をゼロから探す手間を考えれば、まあ納得せざるを得ないんでしょうけど、切手は単価がそんなに高くないので、これはちょっと痛いです。対個人との取り引きなので、クレームやトラブルになる可能性もありますからね。

オークションサイトを利用して、それ相応の金額を設定して出品すれば売れかもしれませんが、人気商品のコミックやCD、DVD、家電製品とは違って、切手というのはコレクター以外の人には見向きもされない商品ですからね。

中古切手は新品で未使用のコンディションであっても落札されない可能性もあります。

オークションサイトに手間と時間、労力をかけて出品してもその切手が売れなければ、それらは無駄になります。これは実際にやってみないと何ともいえない点ですが、リスクの一つであることに間違いありませんね。